ICSIで愛する人との子供を授かれる|諦める必要は無い

顕微受精をする方法

病院

受精の確率で病院を選ぶ

ICSIとは、顕微授精のことで体外受精の一種と考えられています。ICSIは、顕微鏡で見ながらピペットと呼ばれる器具を使って卵子を取り出しそこに精子を注入するという治療法になります。一般的な体外受精の場合は、取り出した卵子と精子を自然に受精させますがICSIの場合受精をしっかりと人間の手によってサポートします。一般的には、ICSIによる受精の確率は7割ほどであると言われていて高めなので受精しやすい環境があります。婦人科によっては、受精の確率が7割よりも低いことがあり病院によっても確率がそれぞれ違うことがあります。そのため、受精の確率が高い病院を優先的に選ぶようにするとその分受精もスムーズに出来るでしょう。

費用の確認を行う

ICSIによる受精は、保険が効かないので多額の費用を支払う必要がありますがその金額は治療を受ける病院によっても違います。そのため、治療を決める前にしっかりとトータル的にかかる費用を確認しておく必要があります。また、保険は受けることは出来ませんが自治体や国から助成金が受けられることがあります。しかし、夫婦の年収や年齢などの一定の条件を満たす必要があるのでそういった部分での確認も必要になります。具体的にかかる費用を確認して、助成金が受けられるのであれば積極的に利用すると経済的な負担が少なくなると言えるでしょう。年齢制限に関しては、とにかく早く治療を始めるしかないので早めに病院を受診するようにします。

納得のいく治療を考える

病院

大阪には不妊治療を行ってくれる外来が増加しています。中には不妊治療専門のクリニックもあるため、自身が気持ちよく通院できるクリニックを探すようにしましょう。不妊治療は費用も時間もとても必要とするため、予め心の準備をしておくことが大切です。

適量食べるようにします

ウーマン

妊婦の食事として和食が人気です。栄養バランスに優れ、食欲がないときにも口に入れやすい味付けだからです。赤ちゃんの分もと考えて食べ過ぎないように注意します。お菓子などは控えて、果物を食べるとビタミンの補給になります。

妊娠時の適切な食生活

妊婦

妊娠中の食事は、基本的に加工されていない食品を中心にとるようにします。ビタミンKとミネラルは不足しがちなので、ミネラルは食事からしっかり取れるようにしビタミンKはサプリメントも合わせて摂取すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 ICSIで愛する人との子供を授かれる|諦める必要は無い All Rights Reserved.